土地活用にはいくつかの種類が存在していますが、それぞれの概要について知っておくと、活用もより一層しやすいことと思います。

今回は代表的ないくつかを掲げてその概要について触れていきましょう。

土地活用について

不動産会社と媒介契約を結んで、不動産会社が購入者を探すというのが概要になります。場合によっては、不動産会社自身が購入者となることもあるでしょう。

売却をするというスタンスですので、手放すことについてしっかりと納得する必要があります。

土地活用について

等価交換について

土地に建物を建てた上での売却を言います。全てを手放すのではなく、建った建物の一部分を取得するという方法です。

駐車場について

土地を駐車場として賃貸をする方法です。多用な選択肢もあり設備においても土地にあわせたもの作りやすいという特徴もあります。

ただし、初期費用などがかかるケースも考えられるでしょう。

定期借地について

50年以上の期間設定の上で土地を貸し、地代を一括して受け取るという方法です。期間が満了すれば土地は戻ってきますから、所有権を手放す必要もありません。

アパートマンション経営について

土地に建物をたててアパートやマンションとして貸し出すものです。税制面のメリットもあることから人気の高い土地活用スタイルともいえるでしょう。

オフィスビル・商業ビル経営

アパートマンション経営と同様ではありますが、対象が企業や店舗になります。賃料が高いことがメリットとも言われていますがコストやリスクは高くなるでしょう。

ローサイド店舗経営

テナントを誘致する方法で、広い敷地や幹線道路沿いなどの土地であれば良い方法ともいえるでしょう。地代をとる方法と建物を建てて賃料を得るというスタイルがあります。

それぞれの魅力について知る

所有している土地や立地などにあったものを選択して、活かしていくことが本当意味での土地活用といえるでしょう。

土地活用の判断や明確化について

土地活用と一言でいっても、いくつかの方法が存在しています。選択の際に重要なことといえばやはり、個々の財産の状況やその土地の特徴を知った上で適切なものを見きわめるという事でしょう。

今回はそんな選択の「明確化」について考えていきたいと思います。

収入によって選ぶ活用方法

土地活用を考えた時、現金収入を得たいと考える方もいらっしゃることでしょう。比較的に先のように考える方は多いといわれています。

現金を得るという場合、長期的でありながら安定的な収入を得たいという場合やそうでない場合の選択肢が見えてくるでしょう。

そうした判断基準もまた1つの選び方といえるでしょう。

収入によって選ぶ活用方法

向き不向きを考える

収入を得るにしてもそうで無いにしても、場合によっては多額の借入金を起こす必要が出てくるケースもあるでしょう。そのためには、こうした状況に耐えられる財産がなければ正しい選択とはいいきれません。

そして、土地そのものの立地条件や周辺環境によって向き不向きというものもあるのです。こうしたものも考えながら最適な活用方法をと入れなくてはならないのです。

土地活用の代表的な種類について

土地活用の代表的な種類については以下のようなものがあります。

  • 土地売却
  • 等価交換
  • 駐車場経営
  • 定期借地
  • アパートマンション経営
  • オフィスビルや商業ビル経営
  • フローサイド店舗経営

です。

それぞれにメリットやデメリットが存在していますので、あらゆる選択肢を把握しベストなものを判断するように心がけましょう。

プロに相談をすること

投資専門家ですとか不動産会社などいくつかに相談をしてみることをおすすめします。信頼できる一社でも構わないのですが、不慣れ・初めてだという方はいくつかの会社に相談をしよりパートナーとして良い関係が築けるところを選んでください。